トミー・フリートウッド

メジャー選手権での傑出したプレーと記憶に残るライダーカップでの雄姿で広く知られているトミー・フリートウッド。 30歳になった2010年にプロに転向し、メジャー選手権において3度のトップ5フィニッシュと6度のトップ20の成績を残した。また、2018年シネコック・ヒルズで開催された全米オープンでは、最終日に全米オープン史上最少の「63」を記録。同年、フランス、パリのル・ゴルフ・ナショナルで行われたライダーカップでも中心的な役割を果たし、ヨーロッパチームを勝利に導いた。

何か特別なことが始まる予感がする。今後、エキサイティングなことが待っているような気がしてならない。チームテーラーメイドの一員になれて本当に嬉しい。

トミー・フリートウッド

注)ツアープレーヤーはコースやコンディションによって使用ギアを頻繁に変更することがあります。