Tour

2月19日(金)に発売された「ミルドグラインドHI-TOE RAW(ハイ・トウ・ロウ)」。テーラーメイドを代表する「HI-TOE(ハイ・トウ)」シリーズの最新作。前作「ミルドグラインドHI-TOE」の性能に加え、新たに加わった「ロウ フェース テクノロジー」によって、さらにスピン性能が進化した「ミルドグラインドHI-TOE RAW」。世界トッププロも愛用するHI-TOEの最新作をプロダクト担当の柴崎とともに紐解きます。

形状からスコアラインまで計算されたウェッジ

ダスティン・ジョンソン、ローリー・マキロイなど数多くのテーラーメイド契約トッププロが使用する「HI -TOE(ハイ・トウ)」。プロたちが信頼を寄せるHI-TOEの最大の特長はユニークな重心設計だ。

HI-TOEの名の通り、トウ側を高く、ヒール側を低くした特異な形状を採用したことで重心が上部になるよう設計されている。また、バックフェースのソール側にキャビティポケットを搭載したことで余剰重量を生み出し、余剰重量をヘッド上部に搭載することでさらに重心を高くした。これらにより、スピンがかかりにくい当たり負けとなるエリアを減少することに成功。スピンのかかるハイスピンエリアの拡大を図った。

IMG 1115

また、前作から採用されている「フルスコアライン」も特長の1つ。フェース面のスコアラインをフルライン(56°~62°)にしたことで、ロブショットやバンカーショットなどフェースを開く場面においてもグルーブがボールをとらえて安定したスピン性能を発揮することが可能となった。また、トウ側を高く、ヒール側を低くした特異な形状により、ボールとフェースの接触エリアを広げ、ボールとの接触時間を延ばしたことでスピンがよりかかるデザインとなっている。そして、今回はここにさらなるスピン性能を可能にした「ロウ フェース テクノロジー」が加わった。

「ロウ フェース テクノロジー」はフェースにメッキ処理をしていないため、スコアラインの溝の角が鋭角になり、フェース面でボールが滑りにくくなる。そのため、フェアウェイはもちろんのこと、ラフや濡れた芝の状況下においても安定したハイスピン性能を発揮する。

IMG 1113

HI-TOE RAWは設計やデザインだけではい。プロが惚れ込む”打感”の良さもある。インパクトエリアのフェース裏側に段差を付けたことでフェースに厚みが生まれ、インパクト時にしっとりとした深みのある打感を味わうことができる。

さらに、ヘッド仕上げは拘りの「ニュー エイジド カッパー フィニッシュ」だ。使い込むほどにカッパーカラーの風合いが増す仕上げなので、使うたびに愛着が出るようにデザインされている。

3タイプの形状はどんなゴルファーに向いているのか?

ゴルフクラブの中でも多様な形状・モデルが展開されているウェッジ。それはプレーヤーのヘッドの軌道や入射角に合わせたバウンス設計を行っているからだ。今回のHI-TOE RAWもプレーヤーの入射角に合わせて、3タイプのバウンスが展開されている。それぞれのタイプに合うゴルファーの特徴を紐解いてみた。

Screen Shot 2020 08 16 at 3 48 18 PM W1000 H500 Mcrop P50 50

■ スタンダードバウンス(50°/52°/54°/56°/58°/60°/62°)

スタンダードバウンスは、幅広いゴルファーが使える「ワイド 4ウェイ キャンバー ソール」を採用。ソールの中央から4方向にグラインドすることで多様性の高いソールに仕上げている。ロフトを開いて使ってもリーディングエッジが浮かず、立ててもヘッドの座りが良いので多彩なショットを演出してくれる。

■ ビックフット(56°/58°/60°)

ハイバウンスのビックフットはスティープな入射角のゴルファー向けだ。ハイバウンスを使用することで、ヘッドが地面を弾き、滑りやすくする。さらに、厚みのあるソールが多少ダフってもしっかり打てるやさしさを兼ね備える。バンカーショットが苦手なゴルファーやフェースを開いて打つのが苦手なゴルファーにもおすすめだ。

■ ローバウンス(58°/60°)

あまりターフを取らないシャロースイングのゴルファー向け。シャロースイングのゴルファーはボールに対してヘッドの入射角が緩やかなので、バウンスが出ていると先にリーディングエッジがボールを弾いてしまう。そのため、あまりバウンスが出ていないローバウンスが適している。また、ベアグラウンドのようなボールが浮いていない状況などではクラブコントールの効くローバウンスがおすすめだ。

HI-TOEシリーズの魅力は、世界を代表するプロが使用するモデルをそのままアマチュアゴルファーも使用できることだろう。HI-TOE RAWはどこに当たってもスピンがかかる設計だからこそ、使い手のポテンシャルを引き出し、素晴らしい結果をもたらしてくれる。

#HI-TOE RAW#HI-TOEシリーズ
もっと詳しく
    The Latest
    • 201021 SIM MAX iron
      チームテーラーメイドはSIM MAXの打音を聞き分けられるか?
      10月 21, 2020
      View
    • 2102 竹村プロ クラブセッティング
      竹村真琴プロのポイントレッスン クラブセッティング編
      3月 1, 2021
      View